松戸市は千葉県の中でも大きな都市の一つなので、家族葬を執り行っている葬儀社は松戸市内にたくさんあります。これは松戸市に住んでいる人の間で終活など葬儀に対する意識が高まっていることの現れであると考えられます。しかし、家族葬には前もって知っておき注意しておく必要がある点も存在します。例えば参列する方を最低限に絞り込んでいるので、参列することを遠慮していただいたはずの人が訪れてきた場合に、予期していない対応によって、かえって忙しくなってしまうことがあります。他に知っておく必要があることとして挙げられるのが、訃報をお知らせしなかった故人の知り合いの方や、親戚の方に失礼にあたることをしないように礼を尽くすことが必要になることなどが挙げられます。

葬儀に参列しなかった人への対応

家族葬を執り行うときには、故人の訃報をお知らせしなかった人たちには参列することを差し控えてもらうことになるのですが、実際には、それでも香典を差し出してくださる方がいたり、弔電を出していただく人が出てくることもあります。葬儀に参列する訳ではなくても故人と生前に親しくしていた方はいらっしゃる訳ですので、葬儀を済ませた後は、そういった人たちに、ちゃんと無事に葬儀を済ませることができたという、お知らせを含めて親しかった方や、お世話になった方などに挨拶状を送るというのが礼儀になります。葬儀を済ませた後に、お線香をあげにいらっしゃる人や、挨拶などに訪れる人も出てくることもありますが、可能ならば、先にこちらから挨拶状を出しておくのが良い方法の一つになります。

挨拶状に書く内容については例文を参考に

家族葬にお招きしなかった人に差し出す挨拶状には、どんな内容を書くのが良いのかということについては、挨拶状の例文が掲載されているホームページも提供されているため、その例文を使って書くというのが良い方法の一つとなります。弔問客を絞り込んでいることになるため、一般的な葬儀のときと多少注意する必要がある点が違うことあります。そのような部分についても注意をして、例文をそのまま丸写しにするのではなく、あくまでも参考程度に留めておいて、ある程度自分で考えた言葉に置き換えて書くようするのが良い方法の一つになります。このように、前もって知っておいた方が良いことや、注意しておく必要があることが幾つかあるので、ちゃんと備えておくとスムーズに葬儀を進めることができます。