松戸市では、高齢化や、少子化が進み盛大な葬儀が見直されつつあります。そのため松戸市には家族葬のプランを取り扱っている葬儀社がたくさんあります。また松戸市では終活が盛り上がっているので、生前に契約するという人も増えてきています。しかし、実際に執り行う上で気をつけるべきことも存在します。例えば、招く予定ではなかった人が、葬儀の日程を、たまたま知って参列に訪れてしまい、その参列者の対応に苦慮することになることが挙げられます。また、他に気をつけるべきこととして、参列する人の人数が絞られることによって、香典をいただける金額が減ることになるため、結果的にかえって遺族にかかる経済的な負担が大きくなってしまうことがあることなどを挙げることができます。

葬儀を執り行う上で他に注意すること

一般的なお葬式のプランは、弔問客に対応することに時間が割かれてしまい、故人とお別れする時間がじっくりと確保することができないことが少なくありません。家族葬は、そのような遺族にかかる負担を減らすことができるようになります。トラブルを回避するためには、故人が亡くなったことを、お知らせするときに、遺族の考えや、故人の遺志によって、執り行うため、弔問をご遠慮していただきたいということを、しっかり伝えることが大切になります。前もって、事情や、いきさつを書いた文書をFAXで故人の知り合いに送信しておくのも良い方法の一つになります。また、近頃はFAXを設置していない家庭も増えてきているので、そういった家庭には電子メールを送信するのも良い方法の一つとなります。

トラブルを回避するための対処方法

故人が亡くなったのが急なことで、家族葬のプランで執り行うことになった事情や、いきさつについて説明するのが間に合わなかったときには、葬儀を済ませてから、できるだけ早めに、ハガキなどで、事情やいきさつについて、お知らせすることが必要になります。そして、説得させることが困難な親類などの場合は、相談を早めにしておくとトラブルに発展しにくい傾向にあります。このようなトラブルを回避するための対処を前もって行っておくと、家族葬を滞りなくスムーズに執り行うことができるようになります。そして、前もって気をつけておくべきことを知っておいて、対処しておけば、ある程度、お葬式にかかる費用についても減らして、故人との、お別れの時間も確保することができるようになります。