ご家族を亡くされて悲しみに沈んでいる時にお葬式の手配をしなければならないのは辛いものです。近年小さなお葬式が話題を集め、家族葬に対する関心が高まっています。松戸市でも多くの葬儀社で小さなお葬式を取り扱っています。一般的なお葬式を出すとなると100万円以上の費用が掛かります。小さなお葬式には様々な形態があり、火葬を中心に執り行う直葬や、通夜を行わずに一日で完了する一日葬というものも出てきています。一般的なお葬式よりもリーズナブルな費用で利用できるため人気が高まっています。特に直葬は非常に格安な利用料である事が特徴です。かねてより僧侶に支払うお布施の金額が不明瞭なことが社会問題となっていましたが、金額を明確化した僧侶派遣サービスも広がりを見せています。

松戸市の家族葬の相場はどのくらい?

家族葬は家族だけでお葬式を執り行う方法です。儀式そのものは一般のものと全く同じです。ご家族との最期の別れの時間を家族だけでゆっくりと過ごしたい方に人気が高いサービスです。家族だけと言っても参列者を限定することはなかなか難しい問題もあります。松戸市の場合、家族親族10名他5名の、合わせて15名程度のものが最も小規模なものとなるでしょう。この場合は30万円台から利用可能です。参列者の人数が増えるに従って料金も上がります。約50名のプランでは50万円前後の葬儀社が多いようです。一般に全国展開の葬儀社の代理店やフランチャイズの場合は比較的価格が安く、地域に根差した歴史の古い葬儀社などでは高くなる傾向が見られ、参列者50人のプランで80万円ほどになるところもあります。殆どの場合セットプランになっているので、必要なものが含まれているか事前にチェックすることが重要です。

実際の家族葬の流れはどのように進むの?

業者に連絡すると、病院やご自宅など亡くなった場所に迎えに来てもらえます。ご遺体は葬儀社に運ばれ安置してもらっている間に葬儀の細部について業者と打ち合わせになります。通夜をするためご自宅に運ぶこともあります。通夜のあとは葬儀・告別式を経て火葬となります。初七日の法要を一緒に行うこともあります。火葬後は収骨して散会となる流れになります。殆どの業者でセットプランとなっており、追加料金は発生しないと謳っている所も多く見られます。ごく少ない一部の業者では、セットに必要なものが入っておらず、後から追加料金を請求されることもあります。業者によっては僧侶へのお布施の額も予め明示してあるケースもあり安心です。病院で亡くなった時には事前に葬儀社を決めておかないと、病院と提携している葬儀社がご遺体を運んでしまうこともあるため注意したいものです。

一級葬祭ディレクターが当社は県内最多の在籍を誇ります。 ご葬儀のプランとして、一般のプラン・家族葬プラン・会員プランがございます。詳しくはHPをご覧下さい。 ご葬儀のことなら地域から愛され続けている昭和セレモニーへお任せください。 家族葬の相談会やセミナーも臨時で開催しております。詳細はHPをご覧下さい。家族葬を松戸市で行うなら「昭和セレモニー」へ